2012年10月31日水曜日

2012年10月に読んだ本

No156『社長は労働法をこう使え!』向井蘭著 労働法について経営者側の立場で書かれた本。中小企業は労働者の無知と良識で経営が成り立っているらしい。自分が社長をやるならやはり極力人を雇わずにやりたい。逆に自分が雇われのうちは、モンスター化した社長や役員に対して強力な武器になるね。


No157『世界一わかりやすいネットで稼ぐ人の「確定申告」塾』今瀬ヤスオ&オサム著 初心者向けすぎた。挿絵や4コマ漫画にセンスが感じられないけど、内容は初心者にわかりやすくまとまってると思います。


No158『未来改造のススメ』岡田斗司夫&小飼弾著 新しすぎる。30代半ば以上でこれ理解できる人なかなかいないんじゃないか。特にベーシックインカムについて興味深く読んだ。山口さんの言うように、失業率を労働開放率と言い換える日がいつか来るのでしょうか。相続税100%アリやで。


No159『10年後に食える仕事 食えない仕事』渡邉正裕著 ブルーカラー⇔ホワイトカラー、日本人メリットあり⇔なしのマトリクス図が秀逸。「今の時代英語は必須」は大きな間違いだと気付く。完全実力主義の無国籍ジャングルで戦うよりも、日本人メリットを生かした方が一部のエリートを除き正解