2013年1月4日金曜日

撮った写真をクラウドで管理して共有するメリット


この時期飲み会や親戚付き合いなどでたくさん写真を撮ると思いますが、みなさん写真はどうやって管理していますか?いまどきアナログ派はさすがにいないと思うので、やっぱりデジタルデータ保存が主流かな。

フラッシュメモリーのまま保存して買い足していく?
データを自宅PCのHDDに移して保存?
CDやDVDに焼いて保存?

もっといい方法があるのでご紹介します。クラウド管理です。写真データをクラウド上にアップロードし、必要に応じてそのデータにアクセスするという方法。

写真をクラウドで管理するメリットは以下の通り。


1.写真をいくらでも持ち歩ける


結婚式の写真や子供の写真を見せ合う図をよく見ますが、みんな大きいアルバムを持参して重そう…ご苦労様です。実はアルバムは簡単に持ち歩くことができるんです。そう、クラウドならね。

物理的なアルバムは重量があるので持ち歩ける量に限界がありますが、電子データは実質無限に持ち歩けます

「スマホは小さい、やっぱり現物のアルバムの方が…」という意見もあります。確かに大人数に見せるのにスマホは無理がありますが、↓のような10インチタブレットを持てば認識が変わるはず。



2.いつでもどこでも、何からでも見れる


クラウド共通のメリット、「いつでもどこでも」です。手持ちのスマホはもちろんPCやタブレットからでも見れますし、なんなら友達宅のPCで開くことも可能。(セキュリティにだけは注意。)

3.保存が半永久的


ネガ→経年劣化
フラッシュメモリー、CD、DVD→紛失のおそれ
PCのHDD→買い替え時データ移行の手間、津波で流される

クラウドなら半永久的。紛失はあり得ませんし、PCを買い替えようが津波で家が流されようがデータは無事です。(本人が流されたら意味ないですが。)

「クラウド上のデータが消えたら?ハッキングされたら?」という意見もありますが、ご心配には及びません。少なくとも個人宅のPCよりも堅牢なサーバーで管理されています。

4.管理が楽チン


撮影年月日ごとのソートなどの管理も、PCのファイルシステム的にできます。現物だといろいろ煩雑になりますし、完璧はありませんので無駄に凝ってしまったりして非常に面倒。

5.経済的で無駄がない


提供会社にもよりますが、多くのクラウド写真管理サービスは無料。現像する必要もなければCDやDVDを買う必要もありません。お財布にも地球にも優しいです。

6.焼き増し不要


アナログでもデジタルでも、一対一のやり取りで写真を全員に配るのはけっこう手間ですよね。

クラウド管理なら写真の”共有”が可能です。クラウド上に写真をアップロードさえすれば、見たい人が見たいときに見に行ける。”焼き増し”なんてしなくても各自自由に複製可能。お互い手間がかからず楽チンです。

というか、今の若者世代に「”焼き増し”してよ」と言っても通じなかったりするんでしょうか(^^;既に”巻き戻し”の意味がわからない若者もいるそうですよ、おじさん達は注意。


関連記事:スマホの撮りっぱなし写真を自動で整理&無限に保存しよう