2013年3月4日月曜日

日本版ISAについて思うこと

以前から導入が噂されていた日本版ISA、いよいよ2014年1月より始まりそうです。ナニソレ?と言う人は以下参照。

薬剤師の方、内因性交感神経刺激作用(ISA)じゃあないですよ?


日興アセットマネジメント 日本版ISAとは?
http://www.nikkoam.com/fund-academy/isa

日本経済新聞 日本版ISA、10月受け付け 繰り越し、最大10年非課税
http://www.nikkei.com/money/investment/mandi.aspx?g=DGXZZO5152028008022013000000

簡単に言えば「株式投資の非課税口座を少額に限り許可しましょう」という制度。主な対象は弱小個人投資家。中流サラリーマンですかね。有価証券の税率を暫定の10%から本則の20%に戻す引き換えに導入とも言われています。

ちょこちょこ情報を仕入れていますが、聞くたびにマイナーチェンジされているところを見ると、まだ定まっていないようで。現時点で出ている情報を基に、いち個人投資家の立場から思うところをまとめてみました。


1.良い点


非課税枠は100万円/年」は多くの弱小個人投資家には十分な額で、「金持ち優遇だ!」とは思えないくらいに少額です。


2.良くない点


特定口座との損益通算ができない」のは気になりますね。特定口座では利益が出ているのにISA口座では損失なんていう状況は避けたいので、ISA口座では保守的な運用にならざるを得ません。

また、「複数口座の管理が面倒」というのも気になります。これは人によると思いますが、私のように何でも一元化して管理の手間を減らすのが好きな人には地味にきいてきます。


3.気になる点


「五年後に投資元本100万円を非課税枠に繰り越し、増えた分を非課税で特定口座に移すことができる」そうですが、これは売却が前提なのかどうなのか

100株で100万円だった株が、五年後に100株で150万円になったとすると、33.4株を特定口座に移管し、66.6株をISA口座に残すのでしょうか?それとも単純にすべて売却して、現金50万円を特定口座に移し、現金100万円をISA口座に残すのでしょうか?

また、もし前者の場合、特定口座に移管した資産の取得単価は特定口座に移した時点での時価に書き換えられるのでしょうか

例えば上記例で特定口座に移した33.4株の取得単価は10,000円ですが、時価は15,000円です。このままでは+50%の含み益があるので売却すると課税されてしまうので、取得単価を移管時点の時価(1株15,000円)で書き換えてもらわねば困ります。

このあたりどうなんでしょ?

2013.3.5追記
売却の必要なし、時価換算で移管、らしいです。
楽天家業(@rakuten_kagyou)さん、S.I.I. Nishi(@SII_Nis)さん、情報提供Thx



結局、ISA制度導入の目的は何なの?


私の思うところを一言で言うなら、これですね。
結局何のためなのか、と。


「貯蓄から投資へ」の推進?

ISAの制度導入で株式投資人口が激増するとはとても思えません。今まで株式に興味がなかった層は今まで通りスルーするでしょうし、ISAという単語自体耳にしないと思います。結果的に「既存プレイヤーの小銭節約」になるでしょうね。


「金融機関への利益誘導」?

下記記事を読む限りでは、むしろシステム投資などでマイナスになりそうですが・・・

REUTERS 日本版ISA、証券は15年以降に顧客争奪で攻勢か
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE91O03N20130225

おかげでネット証券の外国株式特定口座化へのシステム投資はまだまだ先延ばしにされそうですね。


「証券税率10%→20%」と引き換え?

これが一番ありそうですね。本則の20%に戻したいけど当然反対されるから、「圧倒的多数の弱小投資家たちに都合のいい話を用意して黙らせよう」という話。”多数派の収める税額は実は少数”ですから、さほど痛くないというわけです。



ややこしい制度を設計し、一時的な制度のためにシステム投資をし、非課税枠をフル活用するためにあの手この手と工夫したり、社会全体で一体何をやっているんでしょうね。黙って税率を20%に戻し、401kを推進(特別法人税の撤廃など)してくれる方がよほど国民のためですし、金融機関の負担もありませんし、行政側もラクではないでしょうか?



とはいえせっかくの制度、利用しないとソンということで

ISA口座をどのように利用するか?


【配当狙いのバイ&ホールド】

安定して配当を出す会社の株を買い込んで、配当を無税で受け取り続ける。ただし、毎年うまく買い時が訪れるかどうかが問題。


【インデックス投資】

買い時を気にせず淡々と積立可能。ただ、401kの方がいいじゃんという話。

デイトレではすぐに非課税枠を使い切ってしまうので、このどちらかになるでしょうか。

関連記事:私の投資手法


また、資金の出所ですが、お金持ちの親世代から生前贈与を受けて運用という手もあります。奇遇にも贈与税非課税の枠も約100万円/年

国税庁 No.4402 贈与税がかかる場合
https://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4402.htm

親世代としても一人100万円/年なので、自分名義で運用しつつ子名義でも運用させておけば非課税枠が倍になりますし、10年以内に相続が発生するようなことがあれば相続税の節税に!

親子関係が良好な人は相談してみてください(笑)

関連記事:日本版ISA(NISA)は得られる非課税枠より奪われる非課税枠の方が大きくなる可能性もある    

PR