2013年11月1日金曜日

家を買うならマンション?戸建て?

「持ち家か賃貸か?」の神学論争はさておき、「もし持ち家を買うならマンション?戸建て?」を考えてみました。

当然ですが絶対正しい答えなんて出ないので、それぞれのメリット・デメリットを併記してみます。


【マンションのメリット⇔戸建てのデメリット】

比較的価格が安い ⇔ 比較的価格が高い
設備が豪華 ⇔ 設備がショボい
防犯強い ⇔ 防犯弱い
転売しやすい ⇔ 転売しにくい
賃貸に出しやすい ⇔ 賃貸に出しにくい
災害に強い? ⇔ 災害に弱い?


【マンションのデメリット→戸建てのメリット】

すべて管理組合で決める ⇔ すべて自分で決めれる
土地権利が曖昧 ⇔ 土地は自分のモノ
出かけるまで遠い ⇔ 玄関出てすぐ
比較的狭い ⇔ 比較的広い
ペットが飼いにくい ⇔ ペットが飼える


マンションのメリット


土地付き一戸建てを買うよりマンション区分所有の方が安いですね。もちろん条件によって変わりますが。これは、狭い土地でも1/1で所有するのと、広い土地でも1/300で所有する方が負担が軽いからです。建物を上に伸ばせば伸ばすほど負担は軽くなります。

また、ハイグレードなマンションだとエントランスからしてテンションが上がります。共有設備もやたら豪華だったり、きれいな絨毯が敷いてあったりするのに対し、戸建てだと一転、庶民的ですね。(ただし、物件費用ないし管理費から出ているという事実は知っておくべし。)

防犯はマンションに軍配が上がります。玄関でのオートロックはもちろん、「木を隠すなら森の中」ってことで居住者がたくさんいればいるほど自分の部屋が狙われる率は下がります。戸建ては入るのもすぐだし生活スタイルもバレバレで防犯弱いです。

転売もマンションが圧倒的に有利。これは逆の立場で考えればわかりますね。中古マンションは買ってもいいけど、中古戸建ては嫌でしょう?戸建ては新築でという固定観念のせい。

何らかの事情で引っ越しする場合、物件を賃貸に出すときもマンションが有利。戸建て賃貸なんて、日本では需要も供給もありません。

マンションは災害に強いという意見もありますが、最も怖いのは地震なので大して差はないかも?2階くらいまでの洪水ならマンションの5階に住んでたらノーダメージですけど。


戸建てのメリット


戸建てはすべて自分で決めれますが、マンションは何事も管理組合を通さねばなりません。私が思うにこれが最大のリスクです。噛み砕いて言えば「居住者がバカばかりだったらどうするんですか?」ということです。管理会社の選定や修繕積立金の使途や金額、これらに対するコントロールが(1/居住者数)しかないんです。建て替えするしかない超築古物件でも居住者の4/5の同意が取れないと不可能とか、いろいろ面倒ですね。

戸建ては土地権利を完全に所有しているので、どう使おうと自由です。将来取り壊して駐車場にすることもできますし、商業用物件に鞍替えも可能。しかしマンションは(例えば)1/300の所有権で、用途変更は通常できません。これ、土地を所有してるって言えるんでしょうか?

出かけるとき玄関出てすぐの戸建てと違い、マンションは外に出るまで数分かかります。30階建てとかだとエレベーター待ちで10分近くかかるかもしれませんね。さらに立体駐車場から車を出すのに5分?10分?さあ行くぞと思ったら「あ、忘れものしたorz」とかもうね。

部屋数や広さは戸建ての勝利ですね。マンションだと普通はワンフロアなのに対し、戸建ては2〜3階建て。(ただ、広いと無駄なモノを買いがちなのでメリットとは一概に言えないかも。)

最近はペット可なマンションも増えてますけど、その条件で探すと選択肢は狭まってしまいます。戸建てなら関係ないですね。


以上です。

イメージ的には、マンションが大企業の社員(小口株主?)で、戸建てが個人事業主ってとこでしょうか。前者は立派で便利で一見リスクは少ないけど何もコントロールできない、後者は一見庶民的だけどコントロールしやすい。

どのメリットを重要視するか、どのデメリットなら許容できるか、よく考えて選択しましょう。

関連記事:持ち家派の非論理的な意見を論破