2014年5月29日木曜日

chromecast開封の儀 と、初期設定の流れ


本日発売のChromecastを早速入手 んで何ができるの?の続き。

いざ開封の儀!


開くと本体がお目見え。簡単なスタートガイドも。

本体の下には何やらケーブル類が。

全部取り出すと、こんだけ。chromecast本体と、電源(先はmicroUSB)と、HDMI延長コード?なんだこりゃ。

壁にぺたっと設置してたりして直接挿せない場合にカーブさせるために使うようですね。要らん(笑)別売りでいいんじゃないか。

HDMI端子にchromecastを挿し、電源をつなぐとこんな表示に。

デバイス側でアプリを入れろよってことですね。写真はiOS。以下同様。

インストールして進むとこんな画面に。

”新しいchromecastのセットアップ”をタップするとこちら。

指示に従い、Wi-Fi接続設定からchromecastを見つけて接続。

見つかりました^^

言語を設定し

chromecastに名前をつけてください。

chromecastが利用するWi-Fiを選択し、PASSを入力。スマホなりノートPCなり利用するデバイスと同じWi-Fiに。

設定完了、接続。

接続成功。

”アプリを見つける”をタップするとブラウザが立ち上がり、chromecastの公式に接続されるだけなので、ここで設定は終了。



試しにYouTubeでキャストボタンをタップしてみると、テレビが待機画面に。再生すると動画が始まります。画質はかなりいいです。

なんでも、スマホからテレビに飛ばしているのではなく、Wi-Fiから直接(chromecastを介して)テレビに飛んでるらしい。

ちなみにそのときスマホ側では動画は表示されませんし、他のアプリを立ち上げても動画の再生は続きます。

なので例えば、リビングのテレビにYouTubeの動画を流して子どもに見せつつ母はキッチンでクックパッドを見ている、なんて使い方が一台のiPadで可能。




以上です。

AppleTVと違ってSDKが公開されているとかで、今後どんどん対応アプリが増えていくことが期待されます。これで価格は4,200円(税別)。対するAppleTVは9,800円(税別)。

独占を阻止するGoogleの常套手段ですね。iPhoneに対するAndroid的な。両者共に応援しています。

enjoy your chromecast!!



関連記事:本日発売のChromecastを早速入手 んで何ができるの?

PR