2014年9月12日金曜日

努力の有無より向き不向きが重要という話


「やればできる」とか「石の上にも三年」とか、日本では根強い価値観ですよね。有名なマルコム・グラッドウェルの「一万時間の法則」もそれに拍車をかけているように思います。しかしこんな研究結果もあります。

lifehacker
「どんなスキルでも1万時間練習すれば達人になれる」は正しくない:研究結果



また、こんな研究結果も。

IRORIO
「練習は時間の無駄」生まれつきの才能がなければ楽器やチェスの上達には限界があるとの調査結果


図で表すと上のようになりますね。これを個別事例で見て行きましょう。


1.虫歯の有無


虫歯になるかならないかは歯磨きの有無が大事と思われがちです。確かにそうなんですが、歯磨きをサボりがちなのに虫歯がまったくない人(B)もいれば、歯磨きをしっかりしていても虫歯の人(C)もいますよね。

これは唾液の量や口内のpHなど、生まれつきの要素が大きいと思われます。(極端な例ですが、シェーグレン症候群の人はいくら歯磨きをしても虫歯になります。)


2.ダイエットの難易度


ダイエットの難易度は人によって大きく違いますよね。

痩せ型の人は特に努力せずとも痩せ型を維持できるし(B)、太っている人は努力してもさして成果はあがりません(C)。



3.勉強の得手不得手


大学時代、2パターンの人間がいましたね。

ロクに講義に出ていないのに単位を取る人(B)もいれば、朝誰よりも早く講義室にいて予習をしているのに単位を落とす人(C)も。

「向き不向きは努力の多寡に勝る」の典型例ですね。


4.右脳優位と左脳優位


ざっくり言うと、女性は右脳優位な人が多く男性は左脳優位な人が多いです。

他人の感情を読み取るのは女性にとって容易(B)ですが、男性は努力してもたいてい女性に負けます(C)。

対して数字や空間認識は男性にとって得意分野(B)ですが、女性は努力してもたいてい男性に負けます(C)。

これを「努力ないしやる気の問題」としたり「男(あるいは女)は劣った性なので要らない」としたりと過激な持論を主張する人がたまにいますが、単に得意分野の違いです。

話を聞かない男、地図が読めない女
主婦の友社 (2012-01-01)
売り上げランキング: 4,051

ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代
ダニエル・ピンク
三笠書房
売り上げランキング: 1,008


5.聴覚優位と視覚優位


人は生まれつき「耳から聴くのが得意な人」と「目で見るのが得意な人」に分かれます。

聴覚優位な人は読み書きが得意で音から情報を得るのが容易(B)ですが、聴覚劣位な人には困難(C)です。

対して視覚優位な人は映像から一瞬で膨大な情報を得ることができます(B)が、視覚劣位な人には困難(C)です。





努力がまったく無駄とは言えません。上図のようにDの人を努力でもって打ち負かすことは可能です。しかしAやBにはまず勝てませんよね。


ゆえに、このような方向性を目指すべきです。



以下、スティーブンRコヴィーの文章を引用します。


昔々、動物たちは、新しい世界の様々な社会問題を解決するために、
何かしなければならないと考えて、学校を設立することにした。

科目は、かけっこ、木登り、水泳、飛行であった。
学校を円滑に運営するために、すべての動物にこれら四科目の履修が義務づけられた。

アヒルは、水泳の成績は優秀だった。
先生よりもうまかった。
飛行もいい成績だったが、かけっこは苦手だった。
それを補うために、放課後居残りをさせられ、

そのうえ水泳の授業時間まで削って、かけっこの練習をさせられた。
やがて、足の水かきが磨り減り、水泳も平凡な成績に落ちた。
しかし、学校は平均的な成績でいいとされていたので、
アヒル本人以外は、誰もこのことを気にかけなかった。

ウサギは、かけっこにかけては最初から優等生だったが、
水泳が苦手で居残り授業ばかりさせられているうちに、
神経衰弱を起こしてしまった。

リスは木登り上手だったが、飛行の授業では、木の上からではなく、
どうしても地上から飛べと先生に強制され、ストレスがたまる一方だった。
疲労困憊の末、肉離れを起こし、やがて木登りもC,かけっこもDにまで落ちた。

ワシは問題児で、厳しく更生する必要があった。
木登りの授業では、いつも一番早く木の上に到着したが、
先生の指示する方法にどうしても従おうとしなかった。

結局、学年末には、泳ぎが得意でかけっこもまあまあ、
木登りも飛行もそこそこという少々風変わりなウサギが、
一番高い平均点を獲得して卒業生総代に選ばれた。



諦める力~勝てないのは努力が足りないからじゃない
プレジデント社 (2013-06-06)
売り上げランキング: 685


関連記事:愛想のよさと仕事力の逆相関

PR