2015年2月16日月曜日

WiFiスポットの寒い現状


MVNOのSIMを比較検討していて、それに付随してWiFiスポットについても調べていく過程で思ったこと。現状、国内のあちこちに点在するWiFiスポットは実用に耐えうるレベルではなく、ひとえに運営している会社が無計画かつ顧客ニーズを読み誤っていることにあると思います。

2年半ほど前にWiFiは水道や電気のようにインフラ化してほしいでも書きましたが、速度や安定性以前に、そもそも使えないんですよね。こんなに電波は飛んでいるというのに。


そもそもWi-Fiスポットの用途は2つ。
スマホ通信量の節約
出先でPCやタブレットの利用

後者はスマホでテザリングしてもいいわけですが、実際にはテザリングで常用すると高確率で通信制限を食らうのでPCはWiFiスポットに接続するわけです。

じゃあどこでたくさん通信するかと言うと、コンビニなどの数分だけ立ち寄るような場所でPC開いたり動画を長時間視聴したりはしませんよね。同じ場所に居続けてたくさん通信するところ、すなわち
スタバ、ドトール、マクドなどのカフェ
駅や空港など

さて、これを踏まえてWiFiスポット各社の現状を見ていきましょう。


関連記事:現状最適な通信機器の運用方法 スマホ以外がある場合


Wii2 300

どうやらWiFiスポットの最大手らしいワイヤ・アンド・ワイヤレスが運営するWii2 300。料金は362円/月、オプションエリアは追加料金で100円/時間。

ビックカメラ経由でIIJmio(みおふぉん)を申し込むと無料でついてくることで有名ですが、あんまり評判はよくないようです。

Wii2 300 ご利用可能エリア


目印はよく見かけるステッカーですが、エリアを探そうとすると膨大な数がヒットするためどこで使えるのかさっぱりわかりません。


BIGLOBEのWiFiスポット

BIGLOBEのSIMを契約すると無料でついてくるWiFiスポット。会員外の利用はできないようです。

BIGLOBE Wi-Fiスポット エリア情報

現在地周辺のスポットは探せますが、上と同じくわかりにくい。


OCN モバイル ONE

同じく会員のみの利用。

Wi-Fiスポット ご利用可能エリア OCN モバイル ONE

利用可能な施設がずらっと一覧になっていますが、これを探しやすいと思う人がはたしているんでしょうか…?


【三大キャリア】

機器別docomo Wi-Fiご利用方法
docomo契約端末以外での利用は300円/月。

利用方法:au Wi-Fi SPOT
au契約端末以外での利用は27円/分。
(auユーザーかつLTEフラット加入者なら他端末でも無料)

[ソフトバンクWi-Fiスポット]パソコンでも利用できますか?
softbank契約端末以外での利用は467円/日。



スタバやドトールなどのカフェ、マクドやモスなどのファーストフード、ガストやロイホなどのファミレス、これら全国チェーンの会社と提携することに集中した方がいいのでは。

[ご利用可能エリア]から現在地周辺の地図を開かせるよりも、聞いたことないような個人事業の飲食店名をヒットさせるよりも、「全国のスタバで!」とか「全国のマクドマックで!」とか書いた方がどれだけお互いラクか。


競争が激化するMVNO業界で、他社との差別化としてWiFiスポットがカギを握っている…わけないか。カフェとかでPC開いて長居する人なんて少数だし、大多数の人はWiFiスポットなんて気にしてないし。それゆえにこの寒い現状なんでしょうね。(むしろ費用対効果悪そうだしもうWiFiスポットいらなくね?)


結論。

出先でPCを使いたい人は通信量制限なしのSIMを挿したスマホでテザろう

以下記事で書いた通り、ぷららとU-mobileの二択ですが、どうやらぷららがよさそうですよ。今後ユーザーが増えてきて速度がどうなるかに注目。


関連記事:MVNO音声通話つきSIMの条件比較を一枚の表で 2015年1月版