2015年2月23日月曜日

私がamazon以外で買い物をしたくない理由

ワンクリック
ワンクリック
posted with amazlet at 15.02.13
日経BP社 (2013-08-23)
売り上げランキング: 33,685

Amazonヘビーユーザーのみやびです、こんばんは。

タイトルの通りですが、Amazon以外のECサイトを使う気が起きません。「クレジットカードを複数枚作ると面倒」にも通じますが、それだけではなく、使い勝手の面でもAmazonのひとり勝ちです。

国内最大手の楽天市場と比較して、どこがダメなのかまとめます。


関連記事:Amazon定期おトク便をフル活用するライフスタイル


1.見にくい


国内EC最大手の楽天市場。商品をクリックして進んだ最初の画面。


えーっと…どこを見ればいいんでしょうか?下にスクロールしていくと延々と広告や自社自慢が続き、ようやく商品が出てきたと思ったら


肝心のサイズ選択の一覧表が見切れてる…

対するAmazonは


このスッキリしたデザイン。サイズ選択も見切れてる一覧表からラジオボタンで選択させるという頭の悪い方法ではなく、スマートにプルダウンメニュー。


2.同一商品をまとめない


同じく楽天市場にて、”ウルトラアタックネオ”で検索した結果の一部


見ての通り、同一商品をまとめてくれません。出品者が違えば別商品として扱う上、順番もメチャクチャ。探しにくいことこの上ないのに、さらに最上段には広告枠を表示。◯ね!

対するAmazonはこちら。


まず商品があり


そこから出品者ごとに違う価格を提示しています。(何も選択しなければ自動的に最安値での購入)


3.送料


楽天は基本的には送料別で、Amazonは送料込です。

個人的には配送料「ただと思うな」 ゾゾタウン、社長発言が波紋の社長の言い分はわからないでもありません。無料になんてなるわけないので、送料別表記でも込表記でもどちらでもいいんですが、比較しやすさ、これ大事。

楽天は同一商品をまとめていない上に、送料別も込もバラバラに載せているため、価格を比較しようとすると膨大な時間と手間を必要とします。決済手前までいかないと送料がわからないケースもありますし。

対するAmazonは上の写真を見ればわかる通り、送料も含めた最終価格での安い順に既に並んでいて、何も選択しなければその最安値での購入になります。




ということで、Amazonを普段使いしてると楽天市場なんて使えないんですよね。他の雑多なサイトもわざわざ登録するの面倒だし。Amazonでは買えない商品じゃない限りあえて使いません。

とはいえ、Amazonも油断してたらいつも買ってる商品がしれっと値上げされてたりするので油断はできませんけどね。賢く使いましょう。



なお、Amazonヘビーユーザーにオススメのクレジットカードは以下記事の通り。還元率は1.8%。さらにこのブログのあちこちに貼ってあるAmazonへのリンクを踏んでから買い物をしていただけると大変嬉しいです^^


関連記事:クレジットカード頂上決戦 SBI vs Reader's