2015年3月23日月曜日

Twitterを初めて5年が経過 私の利用スタンス


私がTwitterを始めたのは2010年の3月。今月で丸5年が経過することになります。ずいぶん長い間続けていますが、「がんばって継続している」という感覚はなく、むしろ私の情報収集エンジンのひとつとして大活躍しているため辞めるわけにはいきません。

5年という節目を迎え、私がTwitterを使うスタンスを整理がてらまとめてみた。


なお、以下は3年前に書いた記事ですが今もほとんど変わっておりません。

関連記事:Twitterのメリット


有益なことをつぶやいている人のみをフォロー


以前も書きましたが、「Twitterは暇人のもの」と考えている人は、自分自身が暇人です。例えばRSSで”暇つぶしニュース”を購読する人は暇人ですよね。要は使い方次第であり、有益にも無益にもなり得ます。「TLは自分を映す鏡である」は至言ですね。

私は有益に使いたいので、有益なことをつぶやく人のみをフォローするようにしています。本業であるところの医療関係者、金融投資関連、IT系、イグゼクティブ、ブロガーなど。(ただし一部例外あり)


ツイート数が多すぎる人はフォローしない


その人自身は凄い人で、たまに有益なことをつぶやくんだけど、ツイート数が異常に多い人。いますよね。プライベート関連ツイートが多い人も。

残念ながらフォローできません。TLが長くなって読みにくいので。

また、自分自身のツイートもこの基準に照らして有益なことをつぶやき、数が多くなりすぎないよう気をつけています。


義理のフォロバはしない


フォロイーもフォロワーも数百の人が多い中、私は数百のフォロワーに対してフォロイーは50ほどです。

理由は上に同じで、TLが長くなって読みにくいからです。「リスト管理すればいいじゃん」と言われそうですが、「そもそもその人のツイートを読む気がないのになぜフォローするの?」と聞き返したいですね。そんなお義理でフォローしたくありませんし、相手にも失礼です。

逆に、フォローしてる人のツイートはすべて読んでいます。てわけで50くらいが限界です、他に読むものもありますし。

フォロイー数の推移


フォロワー数の推移



ニュースアカウントはフォローしない


例えば日本経済新聞のアカウントなど。これはRSSがあるからです。TwitterのTLよりfeedlyの方が流し読みしやすくカテゴライズもされているため、ニュースはそちらで見ています。

関連記事:GoogleReaderが終了間近なのでひとまず今まで通りを維持


ケンカはしない


リアルと同じでTwitterにも色んな人がいますよね。中には議論好きが講じてやたら好戦的な人も。議論は受けて立ちたいところですが、口論は勘弁してほしいですね。口論することが目的になっているアレな人もたまに見かけます。


一時期、インデックス投資界隈で目立っていた星アイコンの人の行動がアレだったので、接触はなかったけど事前にブロックしていたことがあります。しばらく後にこちらもブロックし返されていましたが、最近見かけませんね。アカ消しでしょうかBANでしょうか。

このブログのコメント欄を封鎖している理由にも通じますが、オープンな場でケンカのためのケンカをしたがる人種に関わるメリットがこちら側にはありません。周囲の人も見てて不快でしょうし、無視かブロックが賢明。

また、消費税の逆進性についてツイートしたところ明らかにアレな人から絡まれたこともあります。内容がしっかりしていれば受けて立ちたいところですが、普段のツイートからして支離滅裂な内容であったため、カジュアルにブロックさせていただきました。




以上です。


ちなみにQrustというサイトでTwitterでの影響力を測定できるようです。2014年6月時点での結果がこちら↓


よければフォローください。


そういえばこのブログを始めたのがいつか、過去記事のいくつかは消してしまったため正確にはわからなくなってしまいましたが、2009年には初めているようでだいたい6年かぁ。


関連記事:当ブログの運営方針