2015年4月20日月曜日

子供に持たせるスマホ、3つの選択肢


私が思う、現状最も有利なスマホ運用方法は私がぷらら無制限LTEをやめてY!mobileにMNPした理由で書いた通り、YモバイルでありNexus5であります。

しかし、「そろそろ子供にスマホを持たせよう」という人はこの限りではありません。もちろんYモバ&Nexus5でも問題はないんですが、他の選択肢も見てみましょう。


関連記事:MVNO音声通話つきSIMの条件比較を一枚の表で 2015年4月版


1.キャリアと契約してiPhone


子供が「iPhoneじゃなきゃ絶対にイヤだ!!!」と駄々をこねたケース。残念ながら最も高くつきます。正門から入れば、つまりキャリアの店舗に行って普通に契約すれば7000円/月確定です。

あるいはSIMフリー端末を購入してMVNOの格安SIMを挿せばどうでしょう?端末が9万円とすると24ヶ月使うとして約3,800円/月。SIMはfreetelの月2GBのコースにすればだいたい1,500円なので、計5,300円/月くらいでなんとか。


あるいは、新規一括0円案件がぼちぼちないですかね。もちろん割引残せるやつ。条件にもよりますが、キャリアと普通に契約しつつ5,000円台が狙えるかもしれません。それでもこれ以上安くなることはあり得ませんね。


2.安価なSIMフリースマホを購入してMVNOのSIM挿し


どこまでケチるかでかなり変わります。

最もケチるパターンでは、端末はfreetelのこのあたりで。


SIMもfreetelのデータ通信SIM月1GBコースなら670円/月です。(DMMが660円/月と下をくぐってますがお好みで。)端末の約1万円を24ヶ月で割った約420円/月と足して、計1,100円/月ほどで済んでしまいます。



「もう少しマシなのを…」と思う人なら端末は評判のZenfoneで



SIMはfreetelのデータ通信SIM月2GBコースで880円/月です。(同じくDMMなら831円。)端末の約5万円を24ヶ月で割った2,083円/月と足して、計2,963円/月ですね。


「電話番号なしのデータ通信SIM」というところがポイント。なぜなら電話番号つきだと月700円アップするからです。我々高齢世代と違い、次世代は電話番号を持たないといけない理由がほとんどありません。

最重要の「親との連絡」はLINEなりSkypeなり050plusなり使えばいいので、電話番号を持たせる必要はありません。WiMAXと違ってLTEだと「電波がつながらなかった」なんてこともほとんどありませんし。もし子供に固定電話に発信させたければ電話アプリという手もあります。是非、電話番号は持たせない方針でいきましょう。要らないですよ。

関連記事:電話番号を捨てることによる弊害


3.Y!MobileにてNexus5を一括0円かつ月々割残しで契約


以前紹介したこれですね。

関連記事:私がぷらら無制限LTEをやめてY!mobileにMNPした理由


月1GBでよければ2,000円/月を切ります
ただし、デメリットとしては電話番号が発行されてしまうこと(^^;



よく検討して、最適だと思ったものを選んでください。


関連記事:スマホにしたら脱キャリアメール(と、脱通話料)