2015年4月1日水曜日

「若いうちは”実力主義”とか言うよね〜」の欺瞞


昔、某社に勤めていたときの話。中年の幹部がタイトルのようなことを言って”実力主義”を志向する若者をたしなめていました。

それを聞いて私は「うわあ」と思ったものですが、そのときは深く考えなかった「うわあ」と思った理由、改めて考察してみました。

なお、実力主義 ⇔ 年功序列とします。
また、大企業ではなく中小〜零細企業の話とします。


年配の幹部にとっては年功序列>実力主義


既にそれなりの年齢でそれなりのポストに就いている幹部社員にとって、年功序列を廃して実力主義をとるインセンティブは薄いです。最初から勝てるケンカなのに、あえて負ける要素を作る必要はないですよね。



実力のある若手にとっては年功序列<実力主義


対して、実力はあるが年齢が低く社歴が浅い若手にとっては、実力主義を熱烈に希望するはず。年功序列だとどうやっても勝てないから、当たり前ですね。



実力のない若手にとっては年功序列>実力主義


逆に、実力のない若者だとどうか?これは年功序列を希望するはず。

「能力によって勝ち負けがはっきりしてしまう実力主義なんて怖い、黙って待ってれば順番が回ってくる年功序列の方がいい。」という理屈ですね。情けないですが、これが彼にとって最適戦略なのは事実。




そして、

実力のある年配の幹部は年功序列<実力主義のはず


上記の構造を理解すれば当然の帰結ですね。実力主義をとらないと実力のある若者が腐ってしまう、ないし辞めてしまう。残っているのは順番待ちの無能だらけ、という状態になることを知っているからです。

もちろん、実力主義を採用しても自分がそのポジションを追われないだけの実力があったればこそですね。




日本型「成果主義」の可能性
城 繁幸
東洋経済新報社
売り上げランキング: 98,187



もちろん、いざ”実力主義”を導入しようとしても問題山積です。きちんと評価できるのかとか、同僚同士で足の引っ張り合いにならないかとか、上司が無能だったらどうするのかとか、いろいろ。

なので、実際には緩やかな年功序列を採用しつつも、実力のある人は抜擢するハイブリッドなやり方がいいのかもしれません。いかにも日本的ですね。



ただ、「年功序列と実力主義、どっちがいい?」と聞いてみて、「そりゃ年功序列ですよ〜(^^;」と言う若手ってどうですか?「若いうちは実力主義とか言うよね〜」と言う幹部社員ってどうですか?

私が社長なら、若手には「もち、実力主義っすよ!」と言ってほしいし、幹部には「そりゃ実力主義です、順番待ちは要りません」と言ってほしいですけどね。





関連記事:「ボーナスもらってから辞めよう」退職の意志を告げるのはいつ?

PR