2015年8月13日木曜日

リーダーズカードはじめJACCS系カードも改悪の嵐!次なるメインクレカは?


先日、SBIカードが改悪!年会費あり、還元率ダウン、ポイント交換レート悪化で書いた通り、SBIカードが還元率大幅ダウンにつき、使用に耐えなくなりました。

まぁ元々使ってないし、リーダーズカードがあるしと思っていたら、なんとリーダーズカードにも改悪の嵐が!!

リーダーズカード

1,000円で15ポイント→11ポイントなので、還元率は1.5%→1.1%に。Amazonデポへの交換前提なら1.8%→1.32%ですね。さすがに看過できないレベルに下がってしまったので、ここらで新たなメインクレカを探してみました。

なお、今まで年会費無料のカードばかりをターゲットとしてきましたが、還元率の増分でペイできる可能性を考慮し、年会費無料でなくとも検討対象としています。例えば、年間100万円使う人にとって年会費無料で還元率1%のカード(1万円)より、年会費2000円だけど還元率2%のカード(差し引き1.8万円)の方がいい、ということです。

では、いきます。


漢方スタイルクラブカード


年会費:税込み1,620円
還元率:1.75%(12月以降は1.5%)
還元方法:Jデポ(カード利用額より差し引き)
ポイント有効期限:2年
ETCカード:無料

リーダーズカードと同じくJACCS系なので、このたび同じタイミングで改悪を食らっていますし、今後もまた改悪の可能性アリ。還元率が12月以降は1.75%→1.5%に低下し、かつボーナスポイントも翌年2月以降は3,500ポイント獲得で500ポイント→350ポイントに低下。(2,000ポイント獲得で250ポイントの方は変化なし。)

また、今年6月からnanacoチャージ時につくポイントの還元率が1.75%→0.25%と大幅に低下しているのもデカい。


REXカード


年会費:税込み2,700円(年間50万円利用で無料)
還元率:1.75%(12月以降は1.5%)
還元方法:Jデポ(カード利用額より差し引き)
ポイント有効期限:2年
ETCカード:無料

漢方スタイルクラブカードに比べ、ボーナスポイントがない代わりに年会費が無料。年間117万円以上使う人はボーナスポイントがゲットできますが、ほぼ年会費で消えます。REXカードの方がいいかもですね、カードデザイン的にも。


リクルートカードプラス


年会費:税込み2,160円
還元率:2.0%
還元方法:Pontaポイント
ポイント有効期限:2年
ETCカード:無料

ネックは還元方法がPontaである点。使い道の最有力候補はローソンですが、そもそもコンビニの商品は割高なのでいまひとつ。あとはビックカメラ、大戸屋、KFC、GEO、昭和シェル石油などですが、お世辞にも「現金還元と同等」とは言えません。

あと、カードブランドはJCBになるので海外旅行によく行く方は注意。


エクストリームカード


年会費:税込み3,240円(年間30万円利用で無料)
還元率:1.5%
還元方法:Gポイント
ポイント有効期限:2年
ETCカード:無料


Gポイントの交換先の最有力候補はAmazonギフト券。他にもsuicaやnanaco、WAONもあるので交換先に困ることはないでしょう。

あ、一応Tポイントもありますよ。使い道の最有料候補はファミマですが以下略。あとはTSUTAYA、Yahooショッピング、エディオン、nissen、カメラのキタムラ、スポーツデポ、ガスト、バーミヤンなどなど。Pontaより提携先が多いのが良いですね。


P-one WIZ


年会費:無料
還元率:1.5%(1%OFFおよびポケットポイント→Tポイント0.5%)
還元方法:即月利用額より割引およびポケットポイント→Tポイント
ポイント有効期限:2年
ETCカード:新規1,000円、更新も1,000円(1%OFF対象外)

リボ払い専用カードである点に注意。カード利用限度額いっぱいまでリボ支払額を上げておくことで無効化可能です。

ETCカードが有料、かつETC利用分は1%OFFの対象外であるため、ETCカードは申し込んではいけません。それこそセカンドカードである給油専用カードあたりで申し込むべし。

関連記事:ガソリン給油専用カードは作るべき?

ちなみに入会から半年に限りますがポケットポイントが3倍、つまり1%+1.5%で還元率2.5%!申込は↓よりどうぞ。




ライフカード


年会費:無料
還元率:0.5%〜1.0%
還元方法:LIFEサンクスポイント
ポイント有効期限:2年(5年まで繰越可能)
ETCカード:無料

還元率は年間利用額によって変動。最低が0.5%で、年間50万円以上の利用で0.75%、年間150万円以上の利用で1.0%に。初年度は0.75%でスタート、以降前年度を参考。

年間50万円の利用でボーナスポイントの300ポイントがもらえます。ちょうど50万円の利用で還元率が+0.3%ですが、利用額が増えると率はこれより下がるので、この書き方はちと誤解を招きますね。あくまで50万を超えた段階で300ポイント単発でもらえるだけです。

LIFEサンクスポイントの使い道として有望なのは、Amazonギフト券とJCBギフトカード。どちらも以下の通り、ポイントをたくさん貯めてから交換した方がおトク。

1,000ポイントで5,000円(これを1とすると)
1,800ポイントで10,000円(倍率1.111)
3,600ポイントで20,000円(倍率1.111)
8,800ポイントで50,000円(倍率1.136)
15,000ポイントで100,000円(倍率1.333)


目指すは15,000ポイントですが、還元率1.0%でも750万円使う必要があります。

1,000円:2ポイント=x円:15,000ポイント
x円=15,000×1,000÷2=7,500,000円

ライフカードの特徴である「誕生月はポイント5倍(還元率2.5%)」を使えば

1,000円:5ポイント=x円:15,000ポイント
x円=15,000×1,000÷5=3,000,000円

それでも300万円使うまでお預け。なお、このとき2.5%×1.333=3.33%と脅威の還元率が実現しますが、それ以外のケースでは年間150万円使う人(還元率1.0%)で15,000ポイント狙いでも1.333%、これが限界。しかも150万円×5年で750万円と、ポイントの有効期限と景品の最高峰の設定が憎い!


関連記事:「誕生月のみライフカードを使う」を検証してみた


リーダーズカード


年会費:税込み2,700円(年間50万円利用で無料)
還元率:1.8%(12月以降は1.32%)
還元方法:Amazonデポ
ポイント有効期限:2年
ETCカード:無料



以上です。

同じJACCS系カードで一抹の不安が残りますが、REXカードに乗り換えることで還元率は1.32%→1.5%とUP。年間100万円の利用でポイント差額は1,800円か…乗り換える手間と再改悪リスクを考えると微妙かなぁ…。あと、AmazonデポではなくJデポなので使い勝手も向上?といっても我が家ではAmazonデポでも一ヶ月で瞬間蒸発ですが。

Pontaが使える人は迷わずリクルートカードプラス、Tポイントが使える人はエクストリームカードもしくはP-oneWIZで。漢方スタイルクラブカードは終わりましたね。

ライフカードは誕生月のみ使う技を使いたい人専用と思っていましたが、このラインナップの中では最も歴史があり、サスティナブルだとは思います。5年ごしに15,000ポイント狙えるなら還元率はリーダーズと並ぶレベルになりますし、乗り換えが面倒な人はもうライフカードでもいいかもしれませんね。

そんなに待ってられないよ!あるいは年間利用額が150万円未満の人は↓のがいいかも。


関連記事:面倒くさがりな人のための最適クレジットカード

PR