2015年10月8日木曜日

MSCI各指数の内容と、それに投資できるETFおよび投資信託


投資信託やETFの情報を見る際、何度も目にする「MSCIなんたら」。MSCIとは、MSCI社(モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル社)が算出している指数。投資対象によって様々な指数があり、それぞれが何だったかよくわからなくなるので備忘録がてらまとめました。誰かのお役に立てば幸いです。

なお、各商品に付記してある信託報酬(ないし経費率)は税抜き。ETFは海外ETFを記載。


関連記事:インデックス投資ってどうやるの? 口座開設から出口戦略まで



一覧表にするとこんな感じ↑です。


全世界に投資するMSCIオールカントリーワールドインデックス


ETF:iシェアーズ MSCI ACWI ETF(ACWI) 0.33%
投資信託:三井住友・DC全海外株式インデックスファンド 0.25%

日本を含む先進国と、新興国のすべてに投資する、MSCIオールカントリーワールドインデックス。日本のウェイトは1割弱、先進国:新興国の比率はざっくり9:1くらいみたいですね。この比率でよければ投資はこの一本で完結します。

三井住友・DC全海外株式インデックスファンドは先ごろ一般販売が解禁されて話題の元DC(確定拠出年金)専用ファンドですね。ETFを上回る(下回る?)低コスト。ただし純資産4億円ちょいでやや不安?今後に期待。

同指数に連動する純資産50億円超えのeMAXIS全世界株式インデックスは信託報酬0.6%ですが、こちらはベンチマークが配当なし指数なのでオススメできません。

参考リンク

なお、分配金を出す投資信託は買わないのが鉄則です。


日本と先進国に投資するMSCIワールドインデックス


ETF:iシェアーズ MSCI ワールド UCITS ETF(IWRD) 0.5%
投資信託:インベスコ 先進国株式インデックス・ファンド 0.8%

IWRDはロンドン証券取引所上場のため、お使いの証券会社で購入できない可能性があります。そして投資信託も一応販売されてますがお世辞にも低コストとは言えない水準。あまり指数自体に人気がないんでしょうか?さくっと飛ばしますね。


日本を除く先進国に投資するMSCIコクサイインデックス


ETF:iシェアーズ MSCI コクサイ ETF(TOK) 0.25%
投資信託:ニッセイ外国株式インデックスファンド 0.39%

多くの「外国株式」を謳う投資信託が連動を目指している明らかに主流の指数、MSCIコクサイ。日本を除く先進国すべてです。

ニッセイ外国株式インデックスファンドは私自身毎月購入していますし、「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2014」に投票しましたでは5点すべて投票しました。ベンチマークも配当込み指数ですし、バッチリです。

ところで、三井住友・DC外国株式インデックスファンドSが全海外株式に続いて一般販売解禁されないかなぁとちょっぴり期待。ちなみにこれの信託報酬、なんと0.16%。ETFの存在意義を揺るがしますよね。純資産も安定の200億超え。たのむ。


新興国のみに投資するMSCIエマージングマーケットインデックス


ETF:iシェアーズ MSCI エマージング・マーケット ETF(EEM) 0.68%
投資信託:野村インデックスファンド・新興国株式 0.6%

一時は絶大な人気を誇ったものの最近は不振の新興国。経費率が高くなりがちなのが特徴で、たいてい先進国より高くつきます。

野村のインデックスファンドと競っていたeMAXIS新興国株式インデックス、私自身毎月購入しているのですが、実質コストで僅かながら負けている点に加え、どうやらベンチマークが配当なし指数であるようです。近日中に野村に切り替えます。

なお、バンガードのバンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF(VWO)なら経費率0.17%ですが、こちらはMSCIではなくFTSE、指数を算出している機関が違います。指数を構成している国や銘柄も違うので注意。


日本のみに投資するMSCIジャパンインデックス


ETF:iシェアーズ MSCI ジャパン ETF 0.48%
投資信託:セゾンとか?

外国から見れば日本の株式指数と言えばこのMSCIジャパンインデックスらしいのですが、我々日本人としては日経225もTOPIXもあるので、あえて品揃えの悪いこの指数に拘る理由がありません。連動する国内ETFも繰上償還される始末ですし。

「上場インデックスファンド日本株式(MSCIジャパン)」 繰上償還および重大な約款変更(確定)のお知らせ(pdf)


日経225だと225銘柄のみ、TOPIXだと東証一部のみ、MSCIジャパンインデックスだと上場しているすべての銘柄に〜とは言いますが、リターンにほぼ差はないようですよ。

ニッセイ日経225インデックスファンドだと信託報酬0.25%だし、ニッセイTOPIXインデックスファンドだと0.29%です。



日経225かTOPIX、MSCIコクサイ、MSCIエマージングの3つを好きな比率で組み合わせるのが良いかと思います。比率のシミュレーションはわたしのインデックスが便利ですよ。


ETF投資入門 (日経文庫)
カン・チュンド
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 9,345


関連記事:2015年9月アセットアロケーション確認