2015年10月12日月曜日

一番Tポイントが貯まるクレジットカードはどれ?


クレジットカードってクレカって略しますよねぇ?クレカで通じなくてしょんぼりの雅です、こんばんは。

さて、本日はTポイント。個人情報収集屋として悪名高いCCCですが、気にしない人は気にしないでしょうね。そんなTポイントが貯まるクレカを比較してみました。


関連記事:SBIカードが改悪!年会費あり、還元率ダウン、ポイント交換レート悪化


Tカードプラス


まずは本家TSUTAYA発行のTカードプラス。特徴をまとめると

1.Tカードにクレカ機能を持たせたカード。
2.TSUTAYA年会費無料。更新手続きも不要。
3.カード利用がなければ年会費500円+税。
4.誕生月は旧作半額。
5.還元率は通常0.5%、TSUTAYA店舗での利用なら1.0%がTポイントに。

還元率はショボいですが、ツタヤで音楽CDや映画DVDなどをよく借りる人で「年会費だの更新手続きだの面倒」と思う人は切り替えてもいいかもですね。既存の会員も新規も以下ページより申込可能です↓




ファミマTカード


Tポイントの提携先であるファミマとの合作。特徴をまとめると

1.Tカードとしてのショッピングポイントとクレカのポイントが貯まる。
2.クレカ自体の還元率は通常0.5%。
3.年会費無料
4.ファミマにて火曜土曜はショッピングポイント3倍、クレカポイント2倍。
5.ファミマにて水曜はレディースデーでショッピングポイント2倍。
6.ファミマでの買物金額に応じてランクアップ(還元率0.5%→1.0%→1.5%)

カード(火土)の日はショッピングポイントが3倍(200円で1P→3P)かつクレカのポイントが2倍(0.5%→1.0%)なので、合算すると還元率は約2.5%。ただしファミマ限定。

ファミランクはファミマでの利用が5,000円/月未満なら200円で1P(還元率0.5%)。5,000〜15,000円なら200円で2P(還元率1.0%)。15,000円以上なら200円で3P(還元率1.5%)。ただしファミマ限定。

これらは合算可能みたいなので、ファミマヘビーユーザーかつ火曜土曜の利用だとショッピングポイントが200円で6Pなので3.0%、クレカポイント1.0%と合算して驚愕の還元率4.0%!ただしファミマ限定。


Yahoo!JAPANカード


ワイジェイカードと呼ぶのか、YahooJAPANカードと呼ぶのか、はたまたYahoo!JAPANカードと間に!が入るのか、とにかくTポイント×Yahoo!JAPANのクレカです。「日本一Tポイントが貯まる」との触れ込みですが、はたしてその実力は?特徴をまとめると

1.基本還元率は1.0%。Tポイントで。
2.Tカード機能つき。提携先での提示でTポイントが貯まる。
3.TSUTAYA会員証機能もあり。店舗にて申込。
4.年会費無料。
5.Tポイント提携先でのTポイント還元率UP?
6.ヤフオクのYahoo!かんたん決済が月1回無料に。
7.入会特典のTポイント大盤振る舞いがえげつない。

提携先のポイントアップの一例。

Yahooショッピング:1.0%→3.0%
softbank:1.0%→1.5%
ファミマ:1.0%→1.5%
ENEOS:1.0%→1.5%

一見アップしているように見えますが、これ単にクレカの基本還元率1%にTカードの還元率(200円で1P;0.5%)が乗っかってるだけですよね。Yahooショッピングに至ってはストアポイントの1%を乗せてますし、楽天カードの「還元率2%!」と同じ手口。アカン。

結局のところクレカの基本性能としての還元率は1.0%です。それなら還元率1.0%のクレカをTカードと併せて提示すればいいわけで。

とはいえ、趣旨は「一番Tポイントが貯まるクレカは?」なので、クレカのポイントもすべてTポイントに替えてまとめてしまうこのカード、アリだと思います。楽天ポイントが日本一貯まるカードは楽天カードなのと同じ構図ですね。あと、Tカード持ち歩く手間と提示する手間も省ける。

入会時にもらえるTポイントが5,000円だったり8,000円だったり10,000円だったりなかなかえげつないですね。



P-one wiz


以前リーダーズカードはじめJACCS系カードも改悪の嵐!次なるメインクレカは?で紹介した最強クレカ候補のひとつ。特徴をまとめると

1.利用金額の1.0%を引落額から値引き+ポケットポイント0.5%
2.ポケットポイントはTポイントに交換可能
3.入会から6ヶ月はポケットポイント3倍(還元率1.5%)
4.年会費無料
5.本来リボ払い専用カードなので、全額払いになるように設定しておく。

基本部分の1.0%が「利用額より値引き」のため、「Tポイントが貯まるカード」としては明らかにYJカードに負けます。しかし基本還元率が1.5%(請求時1%OFF+ポケットポイント0.5%)なので、還元率としては勝ちます。なお、入会後6ヶ月に限り還元率2.5%という最強カードです。申込は↓よりどうぞ。




エクストリームカード


上に同じく、リーダーズカードはじめJACCS系カードも改悪の嵐!次なるメインクレカは?で紹介した最強クレカ候補のひとつ。特徴をまとめると

1.還元率はJデポなら1.0%、Gポイントなら1.5%
2.Gポイント→Tポイントに1:1で交換可能
3.年30万円の利用で年会費無料


Gポイント→Tポイントを前提にすれば、常時1.5%でTポイントが貯まります。この時点でグランプリ確定ですね。さらに加盟店でTカードとの併用が可能なら、1.5%+0.5%で2.0%かも?

ただ、Gポイントの交換先としてTポイント以外にもsuicaやnanaco、WAONやAmazonギフト券などのルートもあるのでこちらの方がいいかもしれません。それを言っちゃあお終いよ?



まとめます。

TSUTAYAユーザーの会員証代わりのTカードプラス
ファミマヘビーユーザーのファミマTカード
Tカード持ち歩くのが面倒な人のYJカード
入会後6ヶ月の還元率2.5%狙いな人のP-one Wizカード
還元率重視な人のエクストリームカード

こんな感じですね。


関連記事:「ポイント○倍!」よりも、売価を気にしよう

PR