2015年11月19日木曜日

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2015」に投票しました #foy2015


今年もやってきました、ファンドオブザイヤー2015!公式ページは以下。

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2015」


昨年に引き続き投票しました。投票は3回目なので、はたして私が「投信ブロガー」に該当するのかと心配する必要はないのですが、念のため直近のエントリを投資関連にしました(ドキドキ

関連記事:ポートフォリオの債券部分は投信?個人向け国債?それとも…現金?


さて、今年の大きな動きといえば、やはりコレ↓でしょう。





今年もニッセイ外国株式インデックスファンドに5点すべて投票します。


関連記事:私が定期積立購入している投資信託を変更しました


純資産額が33億円(上記記事時点)→184億円(当記事時点)と着実に増えてますね。今後も積立継続でもって応援していきますよ。



しかし、MSCI各指数の内容と、それに投資できるETFおよび投資信託で書いた三井住友・DC外国株式インデックスファンドS何かの間違いで一般販売解禁でもされようものなら、積立はもちろん既存分も売却して乗り換える所存ではあります。


こんな気になる動きもあることですし。



インデックス・ファンドの時代―アメリカにおける資産運用の新潮流
ジョン・C. ボーグル
東洋経済新報社
売り上げランキング: 224,641


敗者のゲーム〈原著第6版〉
チャールズ・エリス
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 5,184


また、年末にはSBI証券がようやくついに外国株式特定口座に対応するようで、外国株式ないし外国ETFへの投資の利便性が向上します。「VT一本で!」なんていう投資法も俄然現実味を帯びてきましたね。

しかし、私は毎月定額積立で全自動が好きなので、やっぱりETFは使わず、投資信託での積立でいきますよ。


関連記事:私がインデックス投資にETFを使わない理由

ETF投資入門 (日経文庫)
カン・チュンド
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 17,661



三井住友・DC外国株式インデックスファンドSの一般販売解禁にほんのり期待しつつ、<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドを全力で応援します。


関連記事:「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2014」に投票しました