2016年1月18日月曜日

コンビニ払いの用紙を使ったちょっとしたおトク技


↑こんなやつですね。税金を支払う際などによく見ます。

これをコンビニに持参し、レジでピッと読み取り、記載された金額を支払うわけですが、わりと高額なことが多いのでクレジットカードで支払ってポイントを貯めたいところ。

しかしクレジットカードでの支払いは不可と言われ、しからばと電子マネーを使ってもポイントはつかず。

「まぁ税金だしな…」と、やむなく現金で支払っている人が多いと思いますが、実はある方法で(間接的に)クレジット支払いにできます。まずはnanacoをご用意ください。


関連記事:クレジットカードを必要以上にたくさん所有する7つのデメリット


わりと有名な話かと思いますが、nanacoのクレジットチャージを使った技です。

【公式サイト】nanacoクレジットチャージより


要は、「クレジットカードからnanacoにチャージする際にポイントがつく」わけです。ゆえにnanacoで支払う際にポイントがつかなくても、記載金額分のポイントがゲットできるという寸法です。

言わずもがなですが支払うコンビニはセブンイレブンです。



では、実際何を支払う際にこの技が使えるか?というと


自動車税


最も多いのがコレですかね?毎年春先に郵送で届く、コンビニ払い用紙。排気量にもよりますが、数万円は下らないはず。ポイントの鬼は当然拾っているところでしょう。



水道料金


これはお住まいの住所地によって違うかもしれません。私が住んでいるところでは銀行引き落としorコンビニ払いなので、後者を選択してこの技を使っています。

が、最初からクレジットカード払いが可能な地域もあるらしく。裏山。



住民税


意外とみんな気付いていないコレ。額も最も大きいはずなので是非コンビニ払いにして、クレジットチャージしたnanacoで支払いましょう。


え?住民税は給与から天引きされている?特別徴収から普通徴収に切り替えましょう。当該部署ないし会社に連絡すればできるはずです。

ただ、大半の人が住民税は特別徴収(かつ、確定申告せず年末調整)ですから、そんなことをすると社内で目立って()しまいますよね。副業を疑われたり?

関連記事:サラリーマンの副業を禁止する愚かさ


メンタルが弱い人や、お硬い会社にお勤めの方にはオススメしません。








ただし、nanacoへのクレジットチャージでポイントがつく高還元率クレジットカードは限られています。最強カード候補の中から選ぶなら現状はリクルートカードプラスか、P-one WIZ(JCB)かのどちらかですね。

この機会にメインカードの切り替えを検討してみては?以下参照。


関連記事:リーダーズカードはじめJACCS系カードも改悪の嵐!次なるメインクレカは?

PR