2016年6月16日木曜日

MVNOの通話定額 料金と条件比較を一枚の表で


妻のスマホの更新月が迫ってきて情報収集に余念がない雅です、こんばんは。

政府が「過剰なキャッシュバック等は如何なものか」と余計なアナウンスをしたせいで、”一括0円割引残し”のような技が使えなくなったようで、まったく余計なことをしてくれたものです。あまつさえ「ケータイ料金下げろ」とまでアナウンスし、その回答として一見値下げ実質値上げプランを各社から打ち出される始末。マジで国は何もしてくれるな…特に経済…

正門から入らねばならない(裏ワザ?が使えない)なら、あえてボッタクリの三大キャリアと契約する理由はありません。SIMフリーiPhoneにMVNOのSIMを挿せばOK。月々の料金も安くなるし、キャリア謹製のうざアプリもないし、更新月もなくなって自由だァー!


さて、私と違い(子供絡みで)音声通話をわりとよく使う妻のために、次は通話定額つきSIMで探しています。調べた内容を備忘録がてら書いておきます。

誰かのお役に立てば幸いです。


関連記事:私が結局WiMAXを再び申し込む理由


MVNOで通話定額を提供しているのは以下の通り。各社Webサイトの該当ページにリンクしています。

Y!mobile
楽天
BIGLOBE
mineo
FREETEL
U-mobile
DTI
もしもシークス

Y!mobileはMVNOではなくMNOですが、料金的に検討の余地アリなので入れておきました。(三大キャリアは料金的に論外なのでもちろん入れてません。)

これを表にまとめるとこうなります↓


1回あたりの時間制限があるのと、月累積通話時間制限があるのと、どちらがいいかは人によるので自分にあった方を選択すべし。


また、Y!mobileとmineoとDTIはアプリではなく音声通話(いわゆる普通の電話)機能を使った定額サービスであり、それ以外は各社が提供しているアプリを使ったサービスである点にご注意ください。


超過後の料金は、音声通話なら20円/30秒の定価で、アプリなら10円/30秒の割引価格で統一されていますね。もしもシークスを除いて。




我が家はFREETELにしようかなと思っています。





関連記事:MVNOのSIMの価格比較を一枚の表で 2016年4月版