2016年8月4日木曜日

ポケモンGOは歩きスマホしなくてもプレイ可能


pokemon GOが日本でリリースされてから早二週間。みなさまいかがお過ごしでしょうか?私はというとポッポの収集と選別で大忙しです。ジムは完全無視ですよ。

社会現象を引き起こした常としていろいろ問題が取り沙汰されていますが、そのひとつが「歩きスマホ」の増加。ただでさえ問題になっていた歩きスマホですが、確かにポケモンGoのリリース直後から激増していますね。

しかし、ポケモンGoは歩きスマホしなくてもプレイできます。むしろ歩きスマホしない方が効率よく、ね。ゲーム開始から一週間でLv16な私の意見です(もちろん無課金)。やり方を解説します。


関連記事:補給ポータル群におけるヒートシンクとマルチハックの最適配分の考察


1.インカムを装着


ポケモンが出現するとスマホが振動するんですが、これを感じ取るにはスマホを手に持っている必要があります。しかしそうすると片手がふさがってしまい、なにかのときに不便ですよね。手が滑ってスマホを落としてしまうかもしれません。

そこで私のオススメは”音”です。音量を最大にして町中を歩くわけではありませんよ?Bluetooth対応のインカムを耳に装着し、pokemon GOアプリが発する音を常に拾います。有線のイヤホンでは線が邪魔なのでBluetoothなのがポイント。

BGMはOFFに、音量を大きめにしておくと、ポケモン出現時の音を聞き逃すことはまあないと思います。


ちなみに私が使っているのはこちら↓


音質にこだわる必要はないし、安くていいですよ。Ingressでぐっわぁくが聞きたくて使っていましたが、急になくてはならないアイテムに。


2.歩く


pokemon goアプリを立ち上げたまま、スマホをポケットに入れて歩いてください。耳はアプリに集中してても、目はきちんと前を向いていますから誰かとぶつかったりしないはずです。片耳があいてるのもポイント。

最近は「歩きスマホしてる奴にぶつかってやろう」なんていう当たり屋もいるらしいですよ、気をつけてください。

あと、ポケモンGOをプレイするにあたって最も有効なリアル課金はウォーキングシューズだと言われています。卵を孵すために5kmとか10kmとか歩きますからね。知人のオススメを貼っておきます↓



「足が勝手に前に前に進む」と聞いて、それはさすがに言い過ぎだろうと思い試しに買ってみたところ、マジでした。今までの靴のなんと重いこと、なんと疲れること。


3.ポケモンが出現したら壁を背にして立ち止まり画面を見る


さて、ポケモン出現の音がしたら画面を見るわけですが、急に立ち止まってはいけません。心配しなくても出現したポケモンはしばらくそこにいるし、ボールを投げる前なら逃げません。

道の端に寄り、壁を背にして立ち止まり、それから画面を見ましょう。立ち止まらないとモンスターボールを真っ直ぐ投げるのは難しいので、そうした方が結果的に早く済みますよ。



なお、位置情報ゲームはGPSを使うためバッテリーをかなり消耗します。長時間連続プレイするならモバイルバッテリー必須。この機会におひとついかが?


ポケモンGOが及ぼした経済効果で最も顕著なのはモバイルバッテリー業界みたいですね。



なお、このゲームでまずやるべきは「プレイヤーのLv上げ」です。強化は進化してから、進化させるなら強力な個体のみ、強力な個体に出会うには高Lvになるべし。

効率よくレベルを上げるには、冒頭の画像のようにポッポ(進化コストが低い)を大量に集め、レベルアップのときにもらった”しあわせタマゴ”を使い、効果時間の30分いっぱい使って進化させ続けます。進化一回で500XP(が2倍で1000XP)もらえるので、他の何をするよりも高効率。やってる途中にポケモンが出現しても無視してください。


とはいえ、多くのライトプレイヤーはこうした手法を求めていないでしょうけど(^^;



それではよいポケモンライフを。


関連記事:ラグナロクオンラインで学んだ5つのこと