2017年5月25日木曜日

カイリュー対策はルージュラ?パルシェン?それとも…キングドラ?


ブームが去って久しいポケモンGOですが、ちまちま続けている私はレベル37になりました。こんばんは、雅です。

今回はカイリュー対策ポケモンについての考察をば。ひと昔前ならラプラス一択でしたが、いつぞやの弱体化でずいぶん勢力図が変わっております。それがまた憎い設定で面白いのでご紹介。


関連記事:ポケモンGOにおける最適技構成の考察


カイリューは”ひこう”及び”ドラゴン”タイプなので、弱点は”こおり”になります。”こおり”技を使えるポケモンでバトル向きなやつを並べて比較してみます。



ポケモンGOのダメージ計算式は

0.5×(攻撃力/防御力)×威力×タイプ一致補正×属性補正

ここにカイリューの防御力を入れ込んで、各ポケモンの各技ごとの与ダメージを計算。それを発動時間で割り、1秒あたりに与えるダメージが一番右の実質DPSです。(攻撃力および防御力には、さらに個体値を足してからレベル定数をかける必要があるんですが、計算を簡単にするため彼我のレベルは同一とし、個体値は互いに0とする)

やはり現状はルージュラが最適ですね。次点に続くと思われたパルシェンがキングドラに負けているのが意外でした。弱体化したといってもやはりラプラス強し、HPめちゃ高いので避けれない人でも安定するし。イノムーは却下ですね、無駄にHP高いだけ。


なお、今では幻になった”ふぶき”持ちパルシェンで計算するとちょっと事情が変わります。


20170703追記
タイプ一致および相性の倍率変更を反映して再計算しました↓

威力威力補正値与ダメージ発動時間実質DPS
ラプラスCP2566こおりのいぶき1023.5210.650.9011.84
攻撃165ふぶき130305.76126.504.1030.85
ルージュラCP2476こおりのいぶき1023.5214.050.9015.61
攻撃223ゆきなだれ90211.68118.423.7032.01
パルシェンCP2439こおりのいぶき1023.5211.880.9013.20
攻撃186ふぶき130305.76142.474.1034.75
キングドラCP2389りゅうのいぶき610.085.860.5011.73
攻撃194ふぶき130254.80123.964.1030.23
イノムーCP2252こおりのつぶて1228.2213.711.2011.42
攻撃181ゆきなだれ90211.6896.313.7026.03
ギャラドスCP3234ドラゴンテール1521.0013.381.2011.15
攻撃237げきりん110154.0091.793.7024.81


ゲージ技に限れば最強に。ただし通常技はルージュラの方が強いことと、パルシェンの低HP(避けないとすぐ死ぬ)を考慮すると、やはり2位止まり?いや、ルージュラもHP高くはないし、パルシェンは防御力最強クラスだし、いい勝負なのかも?うーん


無双だったラプラスを適度に弱体化させ、最強のルージュラには”ふぶき”を与えず、パルシェンから”ふぶき”を取り上げたことで、絶妙なバランスになっていますねぇ。



余談ですが、”ふぶき”パルシェンをかろうじて確保してあった私ですが、通常技が”こおりのつぶて”かつ個体値82%という残念さ。ルージュラ探そう…



まとめると

1位:ルージュラ(ただしビジュアルに難あり)
2位:ラプラス(安定の高HP、ただし入手難度高)
3位:キングドラ(ラプラスがいない貴方に)
4位:パルシェン(”ふぶき”持ちなら実は最強?)
5位:イノムー(いらん)




関連記事:ポケモンの個体値にこだわる必要はあるのか?

PR