2019年7月27日土曜日

ラグマスにおける防御無視(子デザ)と防御貫通(ゴブリン)の比較


久しぶりの更新です。雅ですこんばんは。

最近実はラグマスというゲームにハマっておりまして、昔やってたRagnarokOnlineというゲームのスマホ版焼き直しですね。ただの焼き直しではなく、本家での様々なイライラポイントが改善されていて大変素晴らしいです。PCの前にどっしり構えてゲームというのも現代人にはなかなか難しいですしスマホというのもいいですね。


さて、今回はタイトルの通り「防御無視と防御貫通(物理貫通)どっちが強いの?」について。

最初は同じ意味かなくらいに思っていましたが、そんなわけないですよね。言葉が少し違えば意味が大きく変わるのはよくあることです。てことで調べてみました。


関連記事:ラグナロクオンラインで学んだ5つのこと


計算式はこちら↓のサイトを参照しました
がんたのラグナロクマスターズ ラグマスのダメージ計算式

ざっくりいうと、防御無視はまず敵のDefを○%引きしてから防御倍率を算出し、防御貫通(物理貫通)は防御倍率を算出してから○%加算する(防御倍率は高いほうが柔らかい)。所得税でいうところの所得控除と税額控除の違いですね。



こういうのを見ると順に数字を当てはめていってグラフにしたくなる病の私は当然作りました↓


はい、よくわかりませんね(笑)
実際数字で見ると僅差です。

てことで元データを見てみましょう↓




はい、結論でました。

Def200までならゴブリンの方が強い。
Def200以上の硬い敵には子デザの方が強い。

ほとんどのMobはDef200以下かと思うので、ゴブリンですねこれは。
子デザ連れてたけど、ちょっとゴブリン捕まえてきますね。





あ、ちなみにDef890以上で再びゴブリンが返り咲いてますが、そんなガッチガチの敵はいないだろうし考慮外でいいかと思います。




関連動画:ありがとうトニー