2019年7月27日土曜日

ラグマスにおける防御無視(子デザ)と防御貫通(ゴブリン)の比較


久しぶりの更新です。雅ですこんばんは。

最近実はラグマスというゲームにハマっておりまして、昔やってたRagnarokOnlineというゲームのスマホ版焼き直しですね。ただの焼き直しではなく、本家での様々なイライラポイントが改善されていて大変素晴らしいです。PCの前にどっしり構えてゲームというのも現代人にはなかなか難しいですしスマホというのもいいですね。


さて、今回はタイトルの通り「防御無視と防御貫通(物理貫通)どっちが強いの?」について。

最初は同じ意味かなくらいに思っていましたが、そんなわけないですよね。言葉が少し違えば意味が大きく変わるのはよくあることです。てことで調べてみました。


関連記事:ラグナロクオンラインで学んだ5つのこと

2019年6月30日日曜日

2019年2Qに読んだ本 4冊



2019年6月21日金曜日

全粒粉と小麦粉の栄養比較 数字で


玄米生活を初めて早1年が経とうとしている雅です、こんばんは。

米の茶色化に無事成功したので、次なる炭水化物として挙がるのがやはり小麦粉。パンやうどん、粉もんなど用途は多岐にわたります。

これを置き換えることによるメリットがいかほどのものか知りたくて「小麦粉 全粒粉 栄養」「小麦粉 全粒粉 比較」などで検索してみたんですが、なんというかもやっとした情報が多く、いまひとつはっきりしません。私がほしかったのは数字です。

例えば「食物繊維がレタス○個分!」とか「ビタミンCがレモン○個分!」とか書いてあると、たいてい騙しにきています。


例えば”はなまるうどん”のうどんは「1玉にレタス1個分の食物繊維!」を謳っていますが、レタスは100gあたり食物繊維を1.1g含むので、300gのレタスとすると食物繊維は3.3g。うどんに使われる強力粉に含まれる食物繊維は100gあたり2.7gなので…全然大したことないことがわかりますね。

「数字で書くと素人にはわからないから」は建前で、「数字で書くと大したことないことがバレるから」が本音であることがほとんどです。ゆえになんとなくスゴそうに見える(その栄養成分をあまり含んでいない)食材を選んで謳い文句にするわけですね。「食物繊維がゴボウ0.25本分!」とは書きたくないでしょ。



数字しか信用しない私のような人はきっと他にもいると思うので、まとめておきます。


関連記事:玄米のススメ

2019年6月7日金曜日

イノラス配合経腸用液


大塚製薬より経腸栄養剤の新商品が出ました。その名もイノラス配合経腸用液。

経腸栄養剤で大塚製薬といえばラコールが有名ですが、そのアレンジ版みたいな位置づけでしょうか?アボットのエンシュアリキッドに対するエネーボみたいな?


関連記事:ピルクルに新商品、濃いピルクル1.3倍が発売

2019年5月20日月曜日

インデックス投資するならもうETFより投資信託だよね


以前書いた本家VTIと楽天VTIはどちらがいいのか?4つの観点から比較してみたではETFと投資信託を比較し、だいぶ無理くりにETFを持ち上げましたが、実はもうほぼ勝負は見えてます。投資信託でいいですよね


私は今年2019年のNISA口座を使ってETFを買い続けていますが、結果は案の定「これもう投資信託でいいじゃん」と痛感させられることに。

その理由をまとめておきます。


関連記事:「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018」に投票しました