2019年3月31日日曜日

2019年1Qに読んだ本 7冊



2019年3月25日月曜日

DRIP実装してほしいけど、実はほとんどの弱小投資家には関係ない件


DRIPとはDividend ReInvestment Planの略で、米国株式からの配当金を同じ銘柄に再投資し、現金ではなく株式で受け取れる制度のこと。配当再投資の重要性は言うまでもありませんが(以下書籍参照)、それを手動ではなく自動で行ってくれるというのがポイント。


株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす
ジェレミー・シーゲル 瑞穂 のりこ
日経BP社
売り上げランキング: 983

しかも買付手数料は無料で、さらに条件を満たせば日本国内での課税を免れるという素晴らしい制度です。


そんな素晴らしいDRIP、日本ではまだまだ普及に至っていませんが、昨年末くらいにサクソバンク証券が日本国内初のDRIP対応!ということで個人投資家クラスタがざわついていましたね。


しかし表題の通り、実はほとんどの弱小投資家には関係のない話だったりします。

どういうことか、実際に計算してみましょう。


関連記事:外国税額控除で取り戻せる税金の率を計算してグラフにしてみた