2014年4月1日火曜日

え、フロリードゲルってそんなにたくさん飲むの!?

フロリードゲル

カンジダ感染に用いられる抗真菌薬、フロリードゲル経口用2%。一般名はミコナゾール。

意外と知られていませんがこの薬、ビックリするくらいの量を使います。チューブに入っているからといって、軟膏などと同じ感覚で「1処方で2〜3本くらいかな?」と思っていると痛い目をみます。

フロリードゲル経口用2% 添付文書pdf


添付文書より抜粋。

効能・効果カンジダ属による次の感染症:口腔カンジダ症

用法・用量通常、成人にはミコナゾールとして1日200~400mg(ミコナゾールゲル10~20g)を4回(毎食後及び就寝前)に分け、口腔内にまんべんなく塗布する。なお、病巣が広範囲に存在する場合には、口腔内にできるだけ長く含んだ後、嚥下する。

効能・効果カンジダ属による次の感染症:食道カンジダ症

用法・用量通常、成人にはミコナゾールとして1日200~400mg(ミコナゾールゲル10~20g)を4回(毎食後及び就寝前)に分け、口腔内に含んだ後、少量ずつ嚥下する。

抜粋終わり。

2%なので1gあたり20mg含有。200〜400mgというのは確かに10g〜20gに相当しますね。つまり、1日に2〜4本飲むことになります。

仮に7日分とすると14本〜28本というものすごい量になりますが、「最大投与日数は原則14日まで、7日投与しても症状の改善が見られない場合は中止」と記載があるので、これ以上はさすがに出なさそうです。

今日の治療薬 2014 解説と便覧

南江堂
売り上げランキング: 18

また、レセコン入力ないし処方せん記載方法ですが「内用は一日量×日数」「外用は全量」ルールに従えば

フロリードゲル経口用2% 20g
分4毎食後及び眠前  7日分

こうですね。これを外用薬のように全量記載で140gと入力してしまうと調剤料を取り損ねますし、1日用量が多すぎて審査ではねられます。

見た目が外用の軟膏チューブみたいなのでつい外用のように扱ってしまいそうになりますが、騙されてはいけません。内用薬です。


関連記事:毎日服用しない薬と調剤料のおかしな関係

PR