2014年7月10日木曜日

AGAに効くのはフィナステリド(プロペシア)だけじゃない、デュタステリド(アボルブ)も?

アボルブ

爆笑問題がCMに出ていたことで記憶している方もいることでしょう。男性型脱毛症(以下AGA;Androgenetic Alopecia)要するにハゲに効く薬があります。

プロペシア錠0.2mg/1mg(一般名:フィナステリド)が有名ですが、実はこれと同じ5-α還元酵素阻害薬であるアボルブカプセル0.5mg(一般名:デュタステリド)もAGAに効く?

プロペシア錠0.2mg/ プロペシア錠1mg 添付文書pdf

アボルブカプセル0.5mg 添付文書pdf

添付文書を見る限りではプロペシアはAGAのみの適用、アボルブは前立腺肥大のみの適用ですね。同じ5-αレダクターゼ阻害薬で成分名も似ているのに?


デュタステリドのAGAへの有効性は現在臨床試験中


という回答をDIから得ました。現在フェーズⅢとか。

webで検索するといろいろと怪しい情報が出てきますが、今のところ有効性は確かめられておりません。ゆえに添付文書の効能/効果欄にAGAの記載はありませんし、当然保険もききません。(AGA自体自費診療ですし、プロペシアも保険適用外。)

ただ、理屈で考えればフィナステリドと同等の効果はあってもよさそうですね。結果を待ちましょう。


薬効薬理の比較


フィナステリドはⅡ型5-αレダクターゼを阻害して、テストステロンからジヒドロテストステロン(以下DHT、AGAの原因と考えられているもの)への変換を抑制する。

対するデュタステリドはⅠ型およびⅡ型5-αレダクターゼを阻害し、同様の経路を辿る。また、前立腺組織中のDHT濃度も低下させる。

Ⅱ型のみ阻害するのとⅠ型Ⅱ型共に阻害するのとで、有効性や作用点などに違いがあるのかは不明。

逆に、フィナステリドが前立腺肥大に効くかどうか気になるところではありますが、同じく臨床試験で確かめられているわけではないので不明。何より、前立腺肥大であれば他に治療薬はたくさんありますし、わざわざ自費薬を掘り出す必要性は薄いですよね。


薬価の比較


プロペシア錠1mg:250円?
アボルブカプセル0.5mg:210.9円

デュタステリドの方がやや安いですね。半年〜一年以上服用することを考えると、この差は大きい。

ちなみに前立腺肥大を併発しているAGAの人の場合、前立腺肥大に使うということでデュタステリドを保険適用で服用できます。飲む薬は一つで済むし一石二鳥ですね!(注:まだ臨床試験中です。)


ただ、アボルブにもEDや性欲減退などの副作用があるので注意。女性が触れてはいけないというのも同様ですが、カプセルさえ破れなければセーフです。





ところでアボルブカプセルを一包化するとき、PTPシートにくっついて剥きにくいんですけど、なんとかなりませんかね。


関連記事:プロペシア錠について押さえておくべき3つのポイント

PR