2014年1月24日金曜日

プレミネント配合錠が名称変更 既存品はLDで新発売がHD

プレミネント

配合錠のはしり、プレミネント配合錠が昨年末に名称変更していたようです。

プレミネント配合錠 添付文書
http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/170050_2149110F1031_2_07.pdf

新しい添付文書は↓

プレミネント配合錠LD/HD 添付文書
http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/170050_2149110F1040_1_02.pdf


LDが
ロサルタンカリウム:50mg
ヒドロクロロチアジド:12.5mg

HDが
ロサルタンカリウム:100mg
ヒドロクロロチアジド:12.5mg

ということは、既存品はLDへの名称変更。高用量のHDが新発売ということですね。HDを発売するために既存品を名称変更したという感じでしょうか。


記事掲載時点での薬価は以下の通り

プレミネント配合錠LD:146.4円
プレミネント配合錠HD:218.4円 
ニューロタン錠50mg:143.4円
ニューロタン錠100mg:217.3円

ヒドロクロロチアジド代は3円ないし1.1円ということですね。




そういえばジェネリック製薬協会が、プレミネントのジェネリック医薬品の商品名に”ロサルヒド”を推奨してるみたいですね。一般名としてはおそらく”ロサルタンカリウム、ヒドロクロロチアジド配合剤”とかになるんでしょうけど。

でもこれ、今後発売される配合錠についても全部こういうのやるつもりなんでしょうか?ただでさえ配合錠増え過ぎて、ナニとナニの配合錠がナニとか覚えてられないのに、さらに増えるんですね…


関連記事:製薬会社の不当な儲け方

PR