2015年6月5日金曜日

ピルクルに新商品、濃いピルクル1.3倍が発売

ピルクル

医薬品ではなくトクホ(特定保健用食品)ではありますが、十年来のピルクルファンとして見逃せません。なんだこの商品は!1.3倍だと!?

ピルクルファンには常識ですが、ピルクルに含まれている菌種はカゼイ菌であり、かの有名なヤクルトや医療用医薬品であるビオラクチス散と同じです。65mLあたりの菌数も150億とほぼ同等。

まさかこれが1.3倍に…?


関連記事:ビオラクチス散はヤクルトを飲むのと同じか?


実際には乳製品が1.3倍


メーカーの問い合わせ窓口に「何が1.3倍なんですか?」と聞いてみたところ、「使用している乳製品が1.3倍です」との回答。確かに製品の正面にも書いてありますね。

原材料欄を見ると本家ピルクルは脱脂粉乳を、濃いピルクル1.3倍は乳製品(一部全乳らしい)を使っていて、それが濃さにつながっているようです。色みもやや濃いですが、それはカラメル色素のせい。

無脂乳固形分は前者が3.1%で後者が4.1%。確かにだいたい1.3倍ですね。

ピルクル



菌は同数


「じゃあ菌の数も1.3倍なんだろう」と当然思いますよね?しかし、カゼイ菌の数は同数とのこと。

150億×1.3=195億でNewヤクルトの200億と並ぶのかと思いきや、期待はずれでしたね。

もっとも、私は1回に65mLどころか500mL全部飲むので、150億×500/65≒1154億のカゼイ菌を摂取していますが。良い子はマネしないでね。



内容量の単位が違うけど?



本家ピルクルは500mL、濃いピルクル1.3倍は450g。かたや体積、かたや質量でなぜわざわざ変えているんでしょ?

比重がわからないので換算不可。メーカーに聞いてみると、濃いピルクル1.3倍は体積にして423mLとのこと。

濃くした分高くなるのは仕方ないし、価格を合わせる都合上量を減らすのは妥当だと思うけど、単位を変えて少しでも数字を大きく見せるのセコくないですかね(^^;


関連記事:食品に表示されている成分表記載の、塩分とナトリウムの違い


そして味は


確かに濃いですが、本家ピルクルのスッキリした後味の方が私は好きです。というか、正直イマイチです(笑)少し前の白いピルクルもイマイチでしたねぇ。

やはり本家ピルクルが一番ですよ。でも今後も期間限定が出たら一度は買ってみますね。




大便通 知っているようで知らない大腸・便・腸内細菌
幻冬舎 (2013-01-25)
売り上げランキング: 14,642


関連記事:整腸剤の有名どころをまとめてみた

PR