2013年7月15日月曜日

シェアリーWiMAXの支払い方法変更のわけがわからない件

WiMAXの月額費用が3,880円→1,980円!?!?でご紹介したShareee(以下、シェアリーと記載)ですが、ほぼ問題なく使えております。

ただ、ひとつだけ問題が発生しました。SBIカードPlusがサービス終了、次期クレジットカードは…?で書いた通り、利用しているクレジットカードがサービス終了するため支払い方法の変更を余儀なくされ、シェアリーに変更する旨届けようとしたのですが、その変更方法がまったくわけがわからないのでご紹介します。

繰り返しますが、「わかりにくい」ではなく「わけがわからない」です。


通常、定期的に利用料金を支払うサービスは会員ページがありますよね。携帯電話しかり、生命保険しかり。引き落としクレジットカードを変更したい場合は会員ページより手続きできるはず。

au支払い方法変更
例えばau
ライフネット支払い方法変更
例えばライフネット生命
こんな感じですね。

むしろ「何当たり前のこと言ってるんだ」「他にどんな変更方法があるんだ」と言われそうですが、さてシェアリーはというと。楽天IDでログイン後マイページに飛ぶも、どこを探しても”支払い方法の変更”がありません。

やむなくサポセン(cs@sp.shareee.jp)に連絡をしてみると、「支払いクレジットカード変更のクーポンがあるのでそれを購入してください」「購入後、その旨を改めてサポセンにご連絡ください」とのこと。

指定されたURLに飛んでみると


ふむ、なるほど…


いや、まったく意味がわからないです。マイページに支払い方法変更メニューを設けて全自動にした方がお互いラクなのに、なぜわざわざお互いに手間がかかる方法を取ってるんでしょうか。

”クーポンを購入”というやり方を取っている点もそうですし、その後わざわざ手作業でメールさせる点もそうです。

「変更させたくなくてわざとわかりにくくしている」とも思えません。取りっぱぐれて困るのはシェアリーですし、そんなことをするメリットは皆無。「解約させたくなくて〜」とはわけが違います。おそらく、単に作り手の知能の問題だと思います。


とはいえ、仲介たるシェアリーと連絡を取る用事が申し込みと解約のときだけであればこうしたストレスは最小限で済みます。言うまでもなくWiMAXの電波や機種本体に問題はまったくありませんので、やはりこの価格は魅力。上記を踏まえた上で使うならオススメです。

WiMAX

でも、できれば支払い方法の変更くらいは改善してほしいものです。失効しては復活を繰り返すポイントとかどうでもいいから。中の人がんばって!


関連記事:シェアリーで月額1980円WiMAXを契約 Mobile Slim開封の儀