2013年11月20日水曜日

「後発薬、新薬の半値に」案浮上、現状は?

先日、こんなニュースが出ましたね。

日本経済新聞 後発薬、新薬の半値に 医療費抑制へ厚労省案
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS13034_T11C13A1MM8000/

以下抜粋。

初めて発売される後発薬の価格を、新薬の7割とする現行水準から5割程度に引き下げる案を13日に示した。2014年度からの適用を目指す。

らしい。

現行水準って新薬の7割でしたっけ?ちょっと現状の確認を。


記事では「新薬の7割とする現行水準から~」とありますが、実際には”発売品目数が10を超えたら4割引ルール”が適応されることが多いので、7割ではなく6割が現状。

例えば最近発売されたアレロック錠だと

アレロック錠5mg:60.2円
オロパタジン塩酸塩錠5mg「○○」:36.1円

特許切れに合わせて各社一斉に発売したので4割引ルール適応。

関連記事:アレロック錠の後発医薬品、満を持して発売

他にも人気商品のほとんどは4割引ルールが適応されていってますね。


対して、プログラフカプセルだと

プログラフカプセル1mg:821.8円
タクロリムスカプセル1mg「ファイザー」:575.3円

発売したのがファイザー一社のみだったので、3割引。

関連記事:プログラフカプセルの後発医薬品、ファイザーより発売


群がり具合で3割引か4割引か決まります。うーん、なんだかなぁ・・・いっそ5割引に統一がシンプルでいいかもしれませんね。



以上は「新しく発売される後発医薬品」の話で、既に発売されている後発医薬品だとピンキリです。例えば

アクアチムクリーム1%:43円/g
ナジフロクリーム1%:31.8円/g

約26%引きです。ショボすぎる。
もっと酷いのが

サンコバ点眼液0.02%:93円
ビタコバール点眼液0.02%:84.8円

約8.8%引きです。販売中止して頂きたい。
対して、大幅に値引きしている例は

ガスター錠20mg:49.3円
ファモチジン錠20mg「日医工」:13.5円

約72.6%引きです。素晴らしい。
もっとスゴイのが

フオイパン錠100mg:97.9円
カモスタットメシル酸塩錠100mg「○○」:11.5円

約88.3%引きです。
・・・ここまでくると単に先発医薬品がボりすぎなんじゃねって話(^^;


関連記事:ジェネリック医薬品で先発品並の利益を出すには

PR