2013年11月18日月曜日

ジスロマック錠250mgの後発医薬品が来月発売

ジスロマック

マクロライド系抗生物質である、ジスロマック錠250mg。一般名はアジスロマイシン。「1回2錠を3日続けて服用すれば7日間効果が持続」という特徴的な薬で有名ですね。来月後発医薬品(ジェネリック医薬品)が発売されます。

例によって先発医薬品メーカーまで混ざってゾロゾロと、相変わらず節操ないなーという印象ですが、ひとつだけイイのがありました。アジスロマイシン錠500mg「トーワ」と「日医工」です。

ジスロマック錠250mg 添付文書
http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/671450_6149004F1028_2_07.pdf


1回1錠の服用でOK


添付文書の用法及び用量欄から抜粋。

成人にはアジスロマイシンとして、500mg(力価)を1日1回、3日間合計1.5g(力価)を経口投与する。

500mg(力価)とのことなので、250mg錠である先発医薬品だと2錠飲まないといけません。そしてそれが当然でした。

アジスロマイシン錠500mg「トーワ」と「日医工」なら1回1錠の服用でOK。素晴らしい!尿道炎や子宮頸管炎なら4錠飲まないといけないところ2錠で済みますし。(”骨盤内炎症性疾患”に限り250mg(力価)です。)


意気込んで製剤見本を取り寄せてみました。

アジスロマイシン

だ、ださい…(TーT
前から薄々気付いてましたけど、トーワってデザインを軽視してませんか?

そして日医工は、と

アジスロマイシン

似たようなもんでしたね(^^;
でもこっちの方がややシンプルですっきりな印象。

ちなみに両製品共に製造はトーワが請け負っているので中身は同じとのこと。

記事掲載時点での薬価は以下の通り。

ジスロマック錠250mg:300.9円
アジスロマイシン錠250mg「○」:162.8円
アジスロマイシン錠500mg「○」:325.6円

関連記事:バルトレックス錠の後発医薬品が発売準備中らしい

PR